宮崎本部 富永陽愛ちゃん


熱心に稽古に励む宮崎本部のメンバーの中から、小学3年生の富永陽愛(ひより)ちゃんを紹介します。


人と少し違う習い事をしてみたいと思っていた陽愛ちゃん。お母さんは和楽器に興味があり、陽愛ちゃんはディズニー映画「リメンバー・ミー」の影響で弦楽器に興味がありました。
「三味線はどう?」とお母さんが勧めると、「やってみたい!」ということで三味線教室を探すことになりました。

お母さんがインターネットで教室を調べたところ最初に出てきたのが「村上三絃道」だったそうです。ホームページを見ると色んな活動をされ、県外にも支部があることに安心感を抱き体験に行くことに。
初めて三味線を弾いた時は難しいと思ったけど、頑張って続けてみよう!と思った陽愛ちゃん。

昨年の5月からお稽古を始めてちょうど1年になりました。お稽古中はよく話を聞き、難しい曲にもチャレンジしています。
最初は1のつぼを押さえるのが大変でしたが、今では「津軽じょんがら節」が弾けるほど上達しました。
これまで「ソーラン節」「斉太郎節」「津軽じょんがら節123」「牛深ハイヤ節」「リベルタンゴ」を習得。8月のコンサートへ向け、皆さんと同じ早さで弾けるように猛練習中です。陽愛ちゃんの今の目標は、コンサートでみんなに褒められるくらい練習することだそうです。

お母さんにもお話を伺いました。
「習い始めてあっという間に1年が経ちました。もともと恥ずかしがり屋で、先生との会話がなかなかできず内心心配でしたが、娘はすごく楽しんでいるようで安心しています。8月のコンサートに出る!という目標ができたので、今はコンサートに向かって毎日自宅で練習をしています。一つ一つの積み重ねが、娘の自信に繋がればいいなと思いながら、これからも見守っていきたいと思います。」

4月には初めて心音塾にも参加しましたが、先輩方と共に堂々と演奏していました。たくさんの方に見守られながら、めきめきと上達している陽愛ちゃんです。

これからのご成長、ご活躍を楽しみにいたしております。
更新日:2022/04/21