0985-27-6628

心音DINNER LIVEラップ&こぶしの饗宴【本番ステージ/後編】


※写真クリックで拡大できます。

2020年2月2日(日)MRT micc ダイヤモンドホールにてディナーショー「心音DINNER LIVEラップ&こぶしの饗宴」を行いました。

2019年2月2日(日)の感謝の饗宴ディナーライブ終了後、ご好評にお応えして開催決定となった今回のディナーショー。数えること7回目となりました。
毎回、様々なテーマでお届けしておりますが、お客様の期待も年々大きくなってきています。
お料理は宮田猛敏オーナー、舞台は宗家 村上由哲の企画で取り組んでおりますが、今回はオーストラリア(ブリスベン)で活躍中のラッパーADAM氏を招くことになりました。
題して「ラップ&こぶし、心音(こころん)ディナーライブ」。
若者に人気の「ラップ」。この音楽がどのように民謡や津軽三味線とコラボレーションできるのか、オーストラリアのアーティストとどのように音作りをしていくのか!そんな不安もありながらでしたが、SNSのコミュニケーションツールを利用し、情報を共有しながら素晴らしい音楽が出来上がっていきました。

こちらのページでは、本番ステージ【後編】の模様をお届けします。

ライブの後半は、バンドと津軽三味線のコラボ。
チックコリアの「Spain」から。
由宇月の津軽三味線でアランフェス協奏曲からスタートしキレ切れの音で最高潮!!!

心音DINNER LIVEラップ&こぶしの饗宴【本番ステージ/後編】

そして「Paradise Has NO BORDER」「リベルタンゴ」と続きました。
最後の演目、「リベルタンゴ」は津軽三味線の掛け合いを織り込み、アドリブいっぱいでジャズの雰囲気満載。
津軽三味線のバチさばきと音色に鳥肌が立ったとお客様の声でした。

心音DINNER LIVEラップ&こぶしの饗宴【本番ステージ/後編】

そして、大きな拍手をいただきアンコール。
宮崎の綱引きの掛け声「えい!えい!えいさー!」をテーマに作ったオリジナル応援歌を出演者、スタッフ総出演、そして、ラップも織り込んで披露。会場も総立ち。感動的なフィナーレとなりました。

心音DINNER LIVEラップ&こぶしの饗宴【本番ステージ/後編】

最後に行われた抽選会ではベル・エポックグループのお食事券と協賛各社ご提供の商品で更に盛り上がり、お客様に大変喜んでいただくことが出来ました。
一番人気は、フェニックス・シーガイア・リゾート宿泊券。村上三絃道メンバーに当たってしまったため、再抽選。
素敵な女性がゲットされました。

心音DINNER LIVEラップ&こぶしの饗宴【本番ステージ/後編】

ご好評につき、次回開催が令和3年2月7日(日)に決定。
来年もどうぞお楽しみに。

心音DINNER LIVEラップ&こぶしの饗宴【本番ステージ/後編】



心音DINNER LIVEラップ&こぶしの饗宴
主催:シャトーレストラン ベル・エポック
写真撮影:酒生哲雄様、酒生明子様(酒生哲雄写真事務所

更新日:2020/03/13