0985-27-6628

一歩踏み出す音楽会~えいえい!えいさー!【本番ステージ編 第2部】


※写真クリックで拡大できます。

2020年11月29日(日)午後2時開演(午後1時開場)宮崎市民文化ホール「大ホール」にて開催。

一歩踏み出す音楽会【本番ステージ編 第2部】

令和2年は全世界がコロナ禍で厳しい年となりました。
国文祭・芸文祭みやざき2020の開催予定として、準備を重ねていた11月29日も中止が決定。
しかし、文化芸術の歩みを止めることなく、出来ることは無いかと実行委員会が一丸となり、成功へ向けて知恵と工夫で乗り越えることが出来ました。
コンサートのタイトルにその意気込みを込めました。
「一歩踏み出す音楽会~えいえい!えいさー!~」には深い想いが込められています。

ホームページでは、リハーサルから本番までコンサートの全容を随時更新していきます。
このページでは「本番ステージ編【第2部】」をご覧ください。

休憩の時間を利用し、1129(イイニク)に因んで「いい肉抽選会」。
大迫雅浩総合プロデューサー、峰山利成サブプロデューサー、司会の佐藤久美子さんと共に、宮崎牛が当たるお楽しみ抽選会となりました。
コロナ禍で個人情報をお預かりするという状況のもと、お客様方にも記入していただくお手間をかけますので、少しでも喜んでいただけるよう企画致しました。
当選された皆さんは思いがけないプレゼントに感激されていました。

一歩踏み出す音楽会~えいえい!えいさー!【本番ステージ編 第2部】

抽選会で盛り上がった後は、一歩踏み出す音楽会「えいえい!えいさー!」第2部の友情出演の皆さんとのコラボレーションステージ。
和太鼓響座の岩切響一氏の「一」の力強い演奏で開幕しました。
神話の宮崎をテーマにした「天地創造」は和太鼓、津軽三味線、バンドとのコラボレーション。
迫力満点の和の調べが洋の楽器と絶妙なハーモニーを生み出しました。

また、若年層に人気のラップも登場。
民謡とラップの掛け合いで新鮮なステージとなりました。
伝統を更にパワフルに表現したのが由宇月家元の座敷唄。
華映総師範の細棹、太棹の音色にバンドの融合で会場を魅了しました。

一歩踏み出す音楽会~えいえい!えいさー!【本番ステージ編 第2部】

代表的な「さのさ」「奴さん」と続き、由宇月家元の衣装の早替えと踊りの披露で、しっとりとした和の世界を華やかに表現しました。

一歩踏み出す音楽会~えいえい!えいさー!【本番ステージ編 第2部】

ステージは次々に展開し、「刈干切唄」「太陽じょんがら」と静と動の世界をお届けしました。

一歩踏み出す音楽会~えいえい!えいさー!【本番ステージ編 第2部】「刈干切唄」

一歩踏み出す音楽会~えいえい!えいさー!【本番ステージ編 第2部】「太陽じょんがら」

舞台のフィナーレは、コンサートのテーマ「えいえい!えいさー!」。
宮崎大学教育学部ダンスグループの皆さんに踊りで加わっていただきました。
教員を目指す皆さんの爽やかなダンスは、大好評。
この感動がいつの日か子ども達のところに届くのではないでしょうか!!!
歌詞に込められたメッセージを会場の皆さんにもお届けしながら大フィナーレは、キラキラの紙吹雪が舞う中、お客様と共に「えいえい!えいさー!」と拳を振り上げ、全員で元気いっぱいの笑顔。
映像を駆使した大エンディングで会場と舞台がひとつになりました。

一歩踏み出す音楽会~えいえい!えいさー!【本番ステージ編 第2部】

一歩踏み出す音楽会~えいえい!えいさー!【本番ステージ編 第2部】願いを込めて「えいえい!えいさー!」

一歩踏み出す音楽会~えいえい!えいさー!【本番ステージ編 第2部】

苦難を乗り越えて開催された大舞台。
感動という大きな贈り物をいただいた記念すべき11月29日となりました。

一歩踏み出す音楽会~えいえい!えいさー!【本番ステージ編 第2部】


令和2年度県民芸術祭事業
令和2年度宮崎市民文化ホール文化芸術企画事業
一歩踏み出す音楽会「えいえい!えいさー!」


主催:村上三絃道・宮崎市民文化ホール
共催:公益財団法人宮崎県芸術文化協会
助成:アーツカウンシルみやざき
特別協力:村上三絃道後援会


撮影:酒生哲雄、酒生明子(酒生哲雄写真事務所

更新日:2021/01/19