宮崎本部 師範 村上由璃紗さん


熱心に稽古に励むメンバーの中から、宮崎本部師範の村上由璃紗(本名:阿萬陽子)さんをご紹介します。

由璃紗さんは高校2年生の時、本部師範の由宇順先生のお稽古場で、お母さんと一緒に見学されたことがきっかけで、村上三絃道に入会されました。
歌うことが大好きだった由璃紗さんは民謡から始められましたが、由宇順先生やお仲間の皆さんが、楽しくお稽古されている様子に惹かれ、三味線も習うことになりました。

三味線を初めて弾いた時は、先生の音と全然違い、スカスカな音しか出せなかったそうです。

民謡は知れば知るほど奥が深く、今でも難しいとのことですが、とても大好きです!と笑顔で話してくれました。

今では村上三絃道の公演メンバーとして、イベントや舞台演奏などでご活躍されています。


それだけではなく、宮崎のテレビCMソングや敬老会などのボランティア演奏も積極的に行っています。
また2人のお子様にも恵まれ、仕事、家事、子育てをしながら、ご主人やご家族のご支援をいただき、三味線のお稽古も頑張っています。

「飽きっぽい性格の私と思っていたのですが、三味線は今まで楽しく頑張ってきたので、おばあちゃんになっても一生頑張り続けます!」と由璃紗さん。
これからも村上三絃道の要として、ますますのご活躍を期待いたしております。

更新日:2022/02/16