0985-27-6628

スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校


2019年10月31日(木)、10時より一般社団法人長崎県教職員互助組合主催のスクールコンサートが佐世保市立山手小学校にて開催されました。

学校に到着すると、先生方が数名出てこられ体育館の設営。演奏はフロアーでの開催でしたが、体育館正面をステージではなくサイドをステージとして設営いたしました。
設営が終わると、準備をしているメンバーの所に「三味線見ていいですか?」と先生方が近くによって来られ、三味線をじっくりと観察されていました。「三味線を聞く機会がないので楽しみです。」と嬉しいお言葉をいただきました。

山手小学校の裏には鳥帽子岳があり、8年前までは烏帽子分校があったそうです。
創立80周年を迎える山手小学校の体育館は数年前に新しく建て替えられ、卒業生からのステンドグラスが飾られていました。

  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校

先生の合図でステージとなっているフロアーへ行くと、236名の児童、先生方、そして保護者、地域の皆様が大きな拍手で迎えてくださいました。
静まり返った体育館に「ドドーン!」と津軽三味線の音が鳴り響くと、目を見開き演奏者の動きを子ども達がじっと見つめていました。

津軽三味線の演奏の後は、各県の民謡をメドレーでお届けする「風が運んだ日本のメロディ」。
その中でも特に盛り上がったのは徳島県の「阿波踊りよしこの」。阿波踊りの踊りは全国的にも有名で、児童の中には知っている方もいました。由宇月が踊りをレクチャーするとみんな上手に踊っています。その中でも特に上手な児童に前に出ていただき踊ってもらうことに。踊っている児童、それを見ている児童、先生もとても楽しそう。
コンサートは大盛り上がりでした。

  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校

コンサートが始まる前、元気な子ども達が多いので!と先生が言われましたが、楽しむときは楽しむ、静かに聞くときは聞く、そういうケジメがきちんとできる素敵な山手小学校の子ども達。感心しながら演奏させていただきました。

メドレーで登場した三味線、3種類を紹介。三味線のことが皆さんに伝わるように1名の方にアシスタントをお願いしました。選ばれたのは手がまっすぐに上がっていた6年生男子。
沖縄の三線を持ってもらい、「重さはどうですか?」と質問すると「1キロぐらいです。」と的確な答え。本当に三線の重さは1キロほどなので、D君の的確な答えにメンバーもビックリしました。
次の細棹三味線を持っていただくと「三線よりも重いです。」と、これまた的確な答えが。細棹三味線は三線よりも棹が長くなるので、少し重いんですね。
最後の津軽三味線を持っていただくと「結構重くて、3キロから5キロくらいあります。」と、またまた的確な答えが返ってきました。津軽三味線は5キロほどありますのでほぼ正解です。これまで色々な学校へ行きましたが、重さを的確に当てたのはD君だけ。会場から大きな拍手が沸き起こりました。D君のお陰で三味線の重さや、3種類の三味線の違いが伝わったようです。

  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校

前半のステージ最後は「となりのトトロ」でお馴染みの「さんぽ」を演奏。保護者の皆様の方を向いて「あるこう♪あるこう♪」と足踏みしながら大きな声で歌い、村上三絃道とコラボレーションいたしました。

休憩時間に担当の先生から、「実は民謡の九州大会で2位をとった児童がいるので、一緒に演奏させていただけませんか?」と相談がありました。答えはもちろんオッケー!です。「何が唄いたいですか?」と聞くと「おてもやん」とのこと。急遽、控室で音合わせをいたしました。

  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校

後半のステージ1曲目はT君の「おてもやん」からスタート。「今日は民謡の上手な特別ゲストをお呼びしております。」とT君を紹介するとみんなビックリした様子。T君もお友達の前で唄うのは緊張したようですが、堂々と「おてもやん」を唄い上げ、拍手喝采をいただきました。

  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校

「おてもやん」の後は、昨年6年生が運動会で踊った「ソーラン節」。由宇月からマイクを向けられると大きな声で掛け声をかけてくれる児童、恥ずかしそうにしている児童と様々でしたが、手拍子と掛け声で盛り上げてくれました。

子ども達が楽しみにしていた「チャレンジザ和楽器」のコーナー。いつもはメンバーが各学年1名ずつ選ばせていただくのですが、事前にじゃんけんでチャレンジする児童が決まっているとの事で6名の児童が前へ。
チャレンジ曲は「ソーラン節」。
三味線にチャレンジした児童から「ジャンと3本弾けたところが、すごくうまく弾けたかなと思います。」、三線にチャレンジした先生から「初めて三線を弾いて、3本一緒に弾くのがとても難しかったです。」との感想が。
児童も先生も初チャレンジ。由宇月が「先生にだって難しいことはあるんですね。」と言って会場を沸かせていました。

  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校

チャレンジの後は、村上三絃道オリジナルの「太陽じょんがら」。手拍子を打ちながら、メンバーの動きに合わせ体を揺らして楽しそうに聞いている姿が印象的でした。

  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校

大きな拍手を受け演奏が終わると、後方から6年生が前に出てきて、手拍子を打ちながら「アンコール!アンコール!」と言い出しました。メンバーは突然の出来事に顔を見合わせビックリ、そしてニッコリ。山手小学校の粋な演出のアンコールにお答えして「千本桜」を演奏。「千本桜」をリクエストしてくれた1年男子が、三味線を弾く真似をしながら、なりきって唄っている姿に感激いたしました。心の底から三味線を楽しんでくれたようです。

アンコールの後は代表の方よりお礼の言葉をいただきました。

今日は僕たちのためにスクールコンサートで三味線を演奏してくださりありがとうございました。僕は今日の演奏の中で千本桜と阿波踊りが特に心に残りました。きょうは素晴らしい演奏を本当にありがとうございました。

鑑賞態度の素晴らしい山手小学校の皆さん、素敵な時間をありがとうございました。

  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校児童の皆さんにご挨拶。
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校初めて聴く三味線を全身で楽しむ児童のみなさん。
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校先生も手拍子で盛り上げてくださいました。
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校民謡の九州大会で2位を取られた男子児童と「おてもやん」を披露。
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校チャレンジザ和楽器。
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校先生は三線に挑戦。
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校地域の皆さんも児童の挑戦を温かく見守ってくださいました。
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校「太陽じょんがら」
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校
  • スクールコンサート in 佐世保市立山手小学校お礼の言葉をいただきました。

佐世保市立山手小学校の皆様、ありがとうございました。


主催:一般財団法人 長崎県教職員互助組合・佐世保市教育委員会

※学校からの許可をいただき、写真を掲載しております。


更新日:2019/12/04