0985-27-6628

宮崎本部 川越菜々さん


熱心に稽古に励むメンバーの中から、宮崎本部 皆伝の川越菜々さんをご紹介します。

川越菜々さん

川越さんの母校である宮崎市立那珂小学校では、平成15年から10年間に渡り、村上三絃道が指導する三味線クラブがありました。
川越さんが在学中の小学校3年生の時にスクールコンサートが開催されたことが村上三絃道との出会いとなりました。
大人気の「チャレンジ・ザ・和楽器」のコーナーで元気よく手を挙げ、高い競争率の中、見事に選ばれたのでした。
ステージに上がり、生れて初めて三味線を弾いた川越さん。
その時の感動が忘れられず、「三味線をやってみたい!」と強く思った川越さんは、それから1年後の小学校4年生で三味線クラブに入部。
しっかり者で頑張り屋の川越さんは、小学校6年生では部長を務め、後輩を指導する立場となっていきました。

毎年12月に「けやき祭」という学校行事があり、三味線クラブの成果を発表するのが恒例となっていました。

昼休みにはみんなで集まって練習。
何より難しかったのは調弦だったそうです。
時には調弦だけで昼休みが終わってしまうこともあったとのこと。
小学校卒業後も三味線を続けたいと、村上三絃道に正式に入会し、ジュニアとして敬老会やイベントなどで大活躍。

高校卒業後は大分の大学へ進学し、4年間勉学に励み、宮崎へ帰郷した昨年10月より三味線を再開。
現在は仕事と両立しながら三味線を頑張っています。

そんな川越さんに目標をお聞きすると「名取になることです!」と嬉しそうに話してくれました。
これからのご活躍をお祈りいたしております。

更新日:2020/03/17