0985-27-6628

宮崎本部 久米田淳子さん


宮崎本部の久米田淳子さん(皆伝)は、家元が教室を開いて最初に指導したお弟子さん第1号です。
当時家元は高校1年生、久米田さんは小学校5年生。
初めて家元を見た時、綺麗なお姉さんだなと思い、家元が着ていた高校の制服がキラキラ輝いていて、それに憧れた久米田さんも同じ高校へ進学されました。

お母さんの勧めで始めた三味線。
お母さんはすぐに辞めるだろうと思っていたそうですが、久米田さんは三味線の魅力にハマってしまい、高校2年生まで続けられました。
家元の指導は厳しかったそうですが、そのお陰で上達しました!と今では感謝しておられます。

小学校の夏休みには、毎日お稽古に通い40日間で津軽じょんがら節をマスターし、その年に開催された、村上三絃道創立5周年記念公演で演奏されました。

また小学校の文化発表会でも全児童の前で演奏されていたそうです。その他にも、ホテルや夏祭りでも演奏し、大活躍されていました。

ところが志半ばで三味線を辞めることになった久米田さん。
そのことが大人になっても、ずっと心のどこかにひっかかっていたそうですが、知人を通じて家元に再開。
「また三味線を頑張ろう!」と一念発起され、今年の1月からお稽古を始められました。

新しい三味線も購入され、気持ち新たにお稽古に励まれています。
8月に開催される「伝統音楽を楽しむ会」では、久し振りの舞台演奏となり、今から張り切っておられます。

これからも、ずっと三味線を続けて行きたいと久米田さん。
目標は名取になること。
これからの益々のご活躍をお祈りいたしております。


更新日:2017/06/13