0985-27-6628

スクールコンサート in 対馬市立豆酘(つつ)小学校


2017年6月5日(月)午後、対馬市立豆酘小学校にてスクールコンサート。

午前中の厳原小学校のスクールコンサートが終わり、対馬最南端という豆酘小学校へ。
深い緑の山道を移動すること40分。
おだやかな海と共に見えてきたのが、豆酘小学校の美しい校舎でした。
平成12年に建てられたということで、クリーム色のモダンな素敵な建物でした。

ちょうど給食準備中の元気な子供たちの声が聞こえてきました。
会場は2階の多目的室。
機材や楽器の搬入・会場の準備を終え、控室に入ると先生方がお茶とお弁当の準備をして下さいました。

おいしいお茶とお弁当をいただいた後はリハーサル。
今日のスクールコンサートを楽しみにしていたという児童の1人が見学に来てくれました。
豆酘小学校の子どもたちは36名でしたが、それをはるかに超える100名ほどの地域の方々がお越しくださいました。
児童と地域の皆さんに迎えられ入場すると、会場は割れんばかりの大きな拍手。
座布団に正座して真剣に演奏を聴いて下さる児童の姿に感激でありました。

日本各地の民謡をメドレーで紹介する「風が運んだ日本のメロディ」では子どもたちばかりか、地域の皆さんも手をあげて踊ってくださる方がいらっしゃいました。


前半最後のコーナーでは「対馬そびき唄」、「歌えバンバン」を披露。
「対馬そびき唄」では私たちの演奏に合わせて豆酘小学校の先生、子どもたちで踊ってくれました。
地域に根付く唄って素敵ですよね。

続いて「歌えバンバン」も全員で歌いました。
実は1週間ほど前、教頭先生から村上三絃道にお電話をいただきました。
全校皆で歌えるこの曲をぜひリクエストしたいという熱い思いを受けて和楽器バージョンを制作。
いつもの伴奏とは違う和楽器バージョンの歌えバンバン、子どもたちにはどんなふうに届いたでしょうか。

その後10分間の休憩。
休憩が終わる1分前には元の場所に、先生からご指導が入る前に座って待っていてくれました。

後半のステージでは子どもたちに人気の曲「千本桜」そして「ソーラン節」で元気な声が響きました。

和楽器チャレンジコーナーでは、1~6年生までの6人、先生1人で演奏。
見守ってくれる子どもたちや地域の皆さんの温かい掛け声と手拍子の応援を受けて、張り切って演奏してくれました。
それに答えるように三味線の音も力強く響きました。

終演後、先生方から「地域の方々がこんなにたくさんいらっしゃったのは初めてです。」、「津軽じょんがら節は感動して涙が出ました。」とうれしいお言葉をいただきました。
涙を浮かべながら握手でお見送りしてくださる地域の皆さんや、「またね」と元気に手を振ってくれた子どもたちの姿が目に焼き付いています。

心に残る豆酘小学校スクールコンサート。
村上三絃道のドキュメンタリー番組を制作するために同行して下さったMRT宮崎放送の方々も感動して下さいました。
別れを惜しむ子どもたちに見送られながら、帰路につきました。

  • 真剣な眼差しで演奏を聞いてくれました。
  • 地域の皆さんも一緒に楽しんでくださいました。
  • 先生も一緒に踊ってくださいました。
  • 楽器紹介は女子児童に手伝っていただきました。
  • 張り切って三味線にチャレンジする児童の皆さん。
  • 「三味線を弾いてみてどうでしたか?」
  • 女子児童よりお礼の言葉をいただきました。
  • 児童の皆さんの心にいつまでも残るように願いを込めて村上三絃道のCDをプレゼント。
  • 児童の皆さん、先生、地域の皆さんと記念撮影。

対馬市立豆酘小学校の皆さんありがとうございました!

主催:一般財団法人長崎県教職員互助組合、対馬市教育委員会
後援:長崎県教育委員会

更新日:2017/06/22