0985-27-6628

スクールコンサート in 宮崎市立檍中学校 和洋スペシャル


2017年12月1日(金)、14時15分より宮崎市立檍中学校にて、津軽三味線・琴・シンセサイザー・パーカッションの和洋スペシャルコラボレーションスクールコンサートが開催されました。

檍中学校は村上三絃道から車で10分のところにあり、由宇月が卒業した学校でもあります。
また琴を演奏された井上さつきさんも檍中学校の出身ということで、生徒の皆さんに親しみを感じていただけたのではないかと思います。
生徒が体育館に入場してくると、代表の生徒の方がキビキビと整列の号令をかけ、あっという間にコンサートを聴く準備が整い、予定時間より早く演奏が始まりました。

演奏1曲目はパーカッションの服部央さんの手拍子からスタートし、「リベルタンゴ」をお聴きいただきました。
生徒の皆さんも一緒に手拍子を打って、演奏を盛り上げてくださいました。
また、琴の代表曲ともいえる「春の海」を、横笛、三味線、パーカッションの演奏で、しっとりと和の情緒を感じていただきました。

  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校

「春の海」から宮崎を代表する名曲、神話の高千穂町に伝承される「刈干切唄」へ。
1番は地元で歌われる元唄を、シンセサイザーを中心にアレンジ。
途中に織り込まれるドボルザーク「新世界」の中から「家路」が秋の高千穂を物語りました。

2番は琴を中心に普及版の「刈干切唄」へとメロディーラインが変わります。
パーカッションが鳥の鳴き声などを表現し、深みのある演奏をお届けいたしました。
シンセサイザー、琴、パーカッションの響きが重なり合い、幻想的な雰囲気を醸し出し、体育館中に由宇月の伸びのある唄声が広がりました。

  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校

楽器紹介のコーナーでは、実際に楽器の音色を聴いていただきながら説明をさせていただきました。
特に琴は、通常の13弦と、低音の響きを醸し出す17弦の2面を紹介。
13弦はバイオリン、17弦はチェロの役割を果たしながら、古典から現代曲の特徴を話していただきました。
アーティスト達がそれぞれにこだわった楽器紹介は、生徒達もとても興味を示してくれて、演奏者から見ていても感激でありました。

前半のステージ最後の曲は、生徒に人気の「千本桜」。
由宇月の迫力ある歌声と和洋のスペシャルの演奏で、一緒に歌ったり、手拍子を打ったりと大変な盛り上がりでした。

  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校

後半のオープニングは檍中学校ならではの特別メニューからスタート。
というのも、檍中学校には村上三絃道の準師範、村上由羽歌さん(本名:榎田美羽)が在学しており ます。
そこで、由羽歌さんも一緒に「津軽じょんがら節」を演奏してもらいました。
生徒の皆さんは由羽歌さんの登場にビックリした様子でしたが、温かく応援してくれました。

由羽歌さんは小学2年生から村上三絃道に入門し、厳しい訓練を受けながら、時には涙することもありましたが、今回、仲間の前で堂々たる演奏が出来たことを誇らしく思いました。
演奏後は中1の女の子に戻り、再びフロアへ。
同級生に拍手で迎えられ嬉しそうな美羽ちゃんでした。

「津軽じょんがら節」の後は、校歌の演奏。
いつもと違うお洒落な雰囲気の校歌は大好評!
生徒の皆さんも嬉しそうに歌ってくれました。

そして、ほとんどの生徒の方が踊れるという「ソーラン節」へ。
数名の方が前に出て元気いっぱいキレのある踊りを披露してくれました。
皆さんのお蔭で大変盛り上がった「ソーラン節」となりました。

  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校

チャレンジ・ザ・和楽器のコーナーでは、生徒6名、先生1名の方に挑戦していただきました。
家元が「チャレンジする生徒の方、ステージに上がってきてください!」と言うと、最初からコーナーに参加することが決められていた生徒だけではなく、やりたい!という生徒が次々にステージに上がってきてくれました。
6名の予定が12名となり、嬉しいことではありますが、三味線が足りないため、パーカッションの服部央さんに楽器をお借りし、急遽、三味線&パーカッションで、チャレンジしていただくことになりました。
生徒の皆さんはとても嬉しそうに、ノリノリで「ソーラン節」を演奏してくださいました。

チャレンジ終了後、体験された先生から「すごく響きのある音色だったので、私自身も子どもたちと一緒に、あのような音色がもっと響かせられるように頑張っていきたいと思っております。」と感想をいただきました。
3年生の男子生徒からは「大変だったけど、パーカッションの人達のおかげでとても楽しく演奏ができました。」と嬉しい感想をいただきました。

  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校

最後の演奏は、みんなの手拍子に乗せて村上三絃道のオリジナル曲「太陽じょんがら」を元気いっぱいお届けいたしました。

  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校

演奏終了後は生徒代表の方からお礼の言葉と花束をいただきました。

この度は私たち檍中学校生徒のために寒い中、お越しいただきましてありがとうございます。
今回、和の楽器、洋の楽器が奏でる演奏を聴くことができると知った時、初めは全く想像ができず、しかしとても楽しみにしていました。
なかなか生演奏を聴くことのない私たちですが、このような珍しい和と洋のコラボレーションされた音楽を聴くことができて、とてもいい体験ができました。
想像していたのとは違っていて、力強くダイナミックでとても感動しました。
90分間という時間があっという間に過ぎ、すごく楽しむことができました。今日は本当に素敵な演奏を聴かせてくださってありがとうございました。

●出演者

スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校

村上由哲(津軽三味線・唄)、村上華映(津軽三味線)、村上由宇月(津軽三味線・唄・横笛)
大西洋介(シンセサイザー)【写真左】
服部央(パーカッション)【写真中央後方】
井上さつき(琴)【写真右】

●プログラム

第1部
1.リベルタンゴ
2.春の海
3.刈干切唄
4.天地創造
5.月華
6.千本桜

第2部
7.津軽じょんがら節
8.檍中学校校歌
9.ソーラン節
10.チャレンジ・ザ・和楽器
11.太陽じょんがら

村上三絃道では、津軽三味線を主体とした通常のスクールコンサートに加え、和洋スペシャルのスクールコンサートも企画しております。ご要望に添ってプログラムを組みます。
また、全国へ出向きますので、ご用命は下記リンクからどうぞ。
■スクールコンサート 和洋スペシャル>>

  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校今回のスクールコンサートでは和と洋の音のコラボレーションをお楽しみいただきました。
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校楽器紹介。パーカッションでは様々な音を生み出す道具を紹介しました。
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校檍中学校在学中の村上三絃道準師範、村上由羽歌さんも一緒に「津軽じょんがら節」を演奏。
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校生徒の皆さんの前で演奏したことは良い経験になったことと思います。
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校凛々しい表情で三味線を弾く由羽歌さん。
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校「ソーラン節」では数名の生徒が前で踊り、盛り上げてくれました。
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校最後は「太陽じょんがら」で盛り上がりました。
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校最後に女子生徒からお礼の言葉と綺麗な花束をいただきました。
  • スクールコンサート和洋スペシャル in 宮崎市立檍中学校

檍中学校の皆さま、素敵な時間をありがとうございました。


※学校からの許可をいただき、写真を掲載しております。


更新日:2017/12/22